iPhoneとスマホと言われますが、正しくはiOSかアンドロイドかという違いです。この2つはできることの面では大きな違いはありませんが、使い勝手や端末を選ぶ上では大きく違ってきます。iPhoneとスマホの違いを解説します。

iPhoneとスマホ

iPhoneとスマホ、似ているようで機能差は結構あり


■ スマホはiPhoneかアンドロイドかの2択

日本のiPhoneのシェアは6割だ
そうです。

この割合は世界的に見てかなり高いと
言われています。

実際、海外ではもっともっとアンド
ロイドの比率が高いのです。

アンドロイドってご存じですか?
一般的にスマホと呼ばれているの
ですが、この中身はアンドロイドです。

世の中にはスマホは大きく分けて
iPhoneとアンドロイドの2つ
なのです。

マイクロソフトのWindowsフォン
もスマホの1つではありますが、

シェアが圧倒的に小さいので実質的に
iPhoneとアンドロイドがスマホと
呼んで間違いありません。

iPhoneは実は商品名で、アンド
ロイドと比較して呼ぶならiOS
(アイオーエス)と言うのが正しいです。

ここでは、iPhoneとアンドロイド
端末の2つで呼びたいと思います。


■ iPhoneとアンドロイド端末の最大の違い

iPhoneはアップルが開発・製造し
販売しています。

ます。iPhoneを買いたいときは
アップルから買うしかありません。
ある意味当たり前のことですね。

iPhoneは、スマートフォンを
作ることで人々の生活がより便利に
なると考えて

iPhoneを開発し世の中に提供した
のです。

アプリをiPhoneにダウンロードし
使えるようにし、

世界中の開発者にアプリの開発を
できるようにしたのです。

アプリが売れれば開発者の利益になる
ような仕組みもあります。

それを10年前にアップルが始めて
iPhoneは売れ、アプリもどんどん
増えたのです。

それがiPhoneの生い立ちです。

それに対してアンドロイドはグーグルが
開発していますが、端末は世界の
メーカーが作っています。

グーグルはiPhoneを見て真似した
アンドロイド開発していた会社を買収
しました。

そして自社でアンドロイドを育てて
きたのです。

最初はiPhoneには似ても似つかぬ
できの悪いアンドロイドでしたが、

徐々に完成度を高め、iPhoneの
レベルに追いついてきたのです。

グーグルはアンドロイドを無償で提供
しており、それを利用してメーカーは
アンドロイド端末を作っているのです。

アンドロイドを無償で提供するところが
グーグルの素晴らしいところですね。

無償というのがすごいのではなく、
無償の裏に隠れた戦略がすごいのです。

それは何かというと、グーグルは検索
してくれる機会を増やしたいだけなのです。

端末を作ることが目的ではなく、
検索する端末を増やしてグーグルを
使って検索して欲しいのです。

そのためにアンドロイドを無償提供
しているのです。

そして、狙い通り端末はバカ売れし
グーグルの検索は劇的に増えました。

アップルは端末を売って世に貢献し、
グーグルは検索で世に貢献している
のです。


■ 今ではほぼ同じくらいの機能を持つ

今のiPhoneとアンドロイド端末は
両者がいいところを取り合っていると
言えます。

当初はiPhoneと同レベルになる
ことが最大の目標だったアンドロイド
でしたが、

メーカーが独自に機能を追加できる
ことから、独自機能を生み出しています。

無線充電の機能や、おサイフケータイ、
防水防塵などの機能は、iPhone
よりも早く付いていたのです。

反面、指紋認証や通知機能、カーオー
ディオなどの音楽機器との連携などは

iPhoneの方がかなり進んでいる
のです。

iPhoneは補聴器と連動するなどの
機能もあり、1社で作っているメリット
を生かして仕様が統一されています。

iPhoneとアンドロイド端末には
大きくこのような違いがあります。


■ 端末のバージョンアップは圧倒的にiPhoneが長い

スマホはどんどん成長を続ける端末です。

MacのOSが無償で機能アップする
ように、

Windowsが7から8、そして
10にバージョンアップするように、

スマホの機能もバージョンアップします。

しかし、iPhoneとアンドロイド
端末では、そのバージョンアップに
大きな違いがあります。

iPhoneは、最近の機種であれば、
iOS8, 9, 10, そして
最新のiOS11まで

どんどん機能が向上しても同じ端末で
バージョンが上げられます。

例えば、iPhone5sであれば、
iOS7から始まり、最新のiOS11
までバージョンが上がっています。

2013年9月の発売ですから、
すでに4年間以上もバージョンアップを
続けているのです。

これはユーザーとしてはすごく嬉しい
ことなのです。

iPhoneがこうしたバージョン
アップを続けられるのは、アップル
1社が作っているからと言えます。

一方のアンドロイドは、グーグルが
機能追加しバージョンは上がるのですが、

買った端末のアンドロイドのバージョン
が上がるかというと、実はそうでも
ないのです。

アンドロイド端末を買ったときに、
バージョンが5だったとします。

その端末が6に上がることや7に
なるということはほとんどありません。

数字が上がるような大きなバージョン
アップは、グーグルが作っている端末
でしかできないのです。

富士通やシャープ、ファーウエイなど
日本で売られているほとんどの端末は
グーグル製ではありません。

ですから、ずっとバージョンアップする
ということはできないのです。

これはなぜかというと、アンドロイドの
バージョンを上げるには、グーグルの
認証を取らないといけませんが、

各メーカーは旧機種のバージョンアップ
に対応するのはとてもお金がかかる
ことだからやらないのが実情です。

それより少しでも次の新端末の開発に
力を注いだ方が良いのです。

まとめてしまうと
アップルは数年間バージョンアップ
しますけれど、

アンドロイドはほとんどバージョン
アップがない、ということです。

それによるデメリットはもちろん
ありますが、多くの人は必ずしも最新の
アンドロイドを求めていない、

ということも言えると思います。
(実際デメリットを実感する人は
少ないかもしれません)


■ アンドロイドの3つのボタンがわかりづらい

iPhoneとアンドロイド端末の
基本操作に影響するのがボタンです。

アンドロイドの画面下には3つの
ボタンがあります。

このうち、真ん中のホームボタン、
右側のタスクボタンはいいとしても

左側にある戻るボタンは、その存在が
便利なようでもあり不便でもあります。

というのは、戻るの動作をしたいときに
画面の中に戻るがあったり、下の
ボタンで戻るを押さないといけないなど

操作に一貫性がなくて戸惑うことが
意外と多いのです。

たくさんボタンがあればわかりやすい
とはならないのですね。


■ iPhoneのホームボタンは実は多機能

iPhoneはホームボタンだけという
シンプルな作りです。

ホームボタンに指紋認証も兼ねている
ので、非常に使い勝手がいいです。

とはいえ、ホームボタンには3つの
機能があります。

1つ目はシンプルにホームに戻ること、
2つ目は指紋認証すること、
3つ目はタスク画面を出すことです。

タスク画面を出すには、ホームボタンを
早く2度押しします。

1つのボタンでシンプルですが、こう
いった使い分けをしています。

そしていよいよiPhoneXでは
ホームボタンもなくなりました。

iPhoneを作った故スティーブジョ
ブズ氏は、早くからホームボタンを
なくしたいと要望していたそうです。

それが時を超えてようやく実現したと
言えます。

iPhoneXの発表時、CEOの
クック氏はいいました。

iPhoneXはスティーブジョブズ
氏が喜んでくれるはずだと。

そんな期待通りの端末に仕上がった
ようです。

楽しみな1台です。