iPhoneとスマホと言われますが、正しくはiOSかアンドロイドかという違いです。この2つはできることの面では大きな違いはありませんが、使い勝手や端末を選ぶ上では大きく違ってきます。iPhoneとスマホの違いを解説します。

iPhoneとスマホ

iPhoneとスマホの違い 完成度の高さと値段の安さが差


■ 「iPhone」と「スマホ」という比較がおかしい

iPhoneってiPhoneと
呼ばれるじゃないですか。

アンドロイドのスマホは「スマホ」と
呼ばれますよね?

iPhoneの方がスマホとしては
先だったんだよと思う僕にとって、

なんでアンドロイドをスマホと呼ぶのか
理解に苦しむのですが(汗)

ここではアンドロイドをスマホと言わず
アンドロイドと呼びますね。

iPhoneとアンドロイドは何が
違うでしょうか?

機能的なことだけ言えば、今は大きな
違いはなくなってしまいました。

かつてはiPhoneが先進的で機能
的にも優位でしたが、アンドロイドが
がんばって真似して追いつきました。

真似したという言い方は語弊がある
かもしれませんが、

アンドロイドがiPhoneを真似
したのは紛れもない事実です。

もちろん、iPhoneもそれ以前に
存在していたさまざまなアイデアや
機能を実現したので、

iPhone自体を完全なオリジナル
商品とは言いませんが、スマート
フォンというコンセプトを

目に見える形で仕上げたことはアッ
プルのとても言い尽くせないくらいの
貢献なのです。


■ アップル1社対世界のメーカー

iPhoneはアップルでしか作って
いません。

それに比べると、アンドロイドは世界の
メーカーが作っています。

アップルは、iPhoneの外側
(ハード)と内側(ソフト)の両方を
作る会社です。

アップルはずっと昔からそうなのです。
そのiPhoneを自社で作り、自社で
販売しているのです。

一方のアンドロイドはグーグルが作り
ましたが、グーグルは検索サービスを
提供している会社です。

機械を作ったり販売することはあまり
目的としていません。

そこで、アンドロイドを無償で提供し
世界各社にアンドロイド端末を作る
ことができるようにしています。

無償っていう考え方がグーグルのすごい
ところですが、無償の裏にはしっかりと
した計算があります。

それは、検索する端末をたくさん出す
ことでグーグルを使った検索が増える
ことなのです。

これによってグーグルは広告収入が
増えるのです。

これを考えアンドロイドを無償で提供
したグーグルはさすがでした。

iPhoneを真似してアンドロイド
作ったのはがっかりですが、その後
アンドロイドが世界のスマホの大半を

占めたのはさすがと言うべきです。

ただ、iPhoneの先進性はまだまだ
あるので、スマホとしての完成度は
やはりiPhoneの方が高いのです。

iPhoneがどうしても勝てないのは
値段ですね。

iPhoneは高性能だけれど高価、
アンドロイドは世界のメーカーが価格
競争をするので安い、と言えます。